☆ライトボディー準備ワーク・その1☆について

16日に 3分割された「ライトボディー準備ワークのその1」を受けました。

これから、皆さんこのワークに入って行くようになると思います。

このワークを受けて・・・自分の意識が高次元と共にない人は上がります。

自分の中にある「根っこのもの」が出てきます。一人ではとても対処できないと思いますので 早めにお話会に入ることをお勧めします。

23日と30日はスカイプによる対面ワークが決まっています。23日はお話会も開かれることになりました。

今後、このワークとお話会はとても重要になってきます。

自分のために活用してください

 

☆マザーツリー・母観☆☆

 

 

 

☆ライトボディー準備ワーク・その1☆について”について7件のコメント

  1. お知らせありがとうございます。
    11月までのお話会が未定とうかがった時、ブログはどうなるんだろう?と思いました。みんなのコメントの力を借りて、自分と向きあってきたからです。
    これからも、というか何事も、ひとりでは対処できません。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • トトさん
      コメントありがとうございます。

      私はこの数日、自分の意志を確認する時間をいただき 新たなるスタートラインに立たせてもらったように感じています。

      トトさんの言うように、
      みんなのコメントの力を借りて、自分と向き合ってきた。何事も、1人ではまだ対処できない。と私も思います。

      これからも、ワークやお話会のサポートをいただきながら、ブログも活用してみんなで意識の変容の仕方を学び 共に拡大していきたいと思っています。

      これからも、よろしくお願いします。

    • 母観さん

      私の書き方があいまいでしたが、まだ対処できない、というより、自分ひとりでは何も気づけない、と思いました。私はむしろ、自分だけでできているような気になりがちでしたから。
      頼るというのではなく、サポートしてほしい時は、自分からアクションを起こすことも必要だと思っています。

      • 全く同感です。
        私は独りよがりになりがちなので、言葉をかけてくれる仲間の存在はありがたく なくてはならないものです。

        話は変わるかもしれませんが、私はプライドがあるので、頼れないといいますか、頼めないところがあります。こんなことも、自分の可能性の扉を自分で締めていることと気づいたので、変なやせ我慢はしなくなりました(笑

  2. ワークを受けて、すぐに根っこの部分にあるもの物が上がってきました。
    それは『一人になりたい』というものです。
    たぶんずっーと前から、このマザーツリーに来た時からです。
    それを言葉に出さずに、横に置いといてたぶん我慢をしていれば、いずれ無くなるぐらいに思っていたと思います。
    でもそうではなく、今回は口から出てしましました。
    何かはっきり言えた時は、腹から何かが抜けて行って感じでした。
    言えたという事ですっきりしました。
    そして今度は、それを本当に行動に移そうかとも思いました。
    このブログはマザーツリーで書いているのでこのネガティブなことは数日
    まえの事です。
    ふと、以前から高次元にガティブな思考の解放をお願いしていたんだよな
    と思い出し、そうだ、してもらったんだと納得してしまいました。
    この頃、とかく、これから?これから?何を?
    私は、何をして何を意図してと、先の事ばかりだった様な気がします。
    今ここの意識ではなかったので、ワークをせっかく受けたのに、何も感じない、受け取れないという不安もたくさん上がりました。
    高次元に恐怖と不安の先取りの解放もお願いしていたので、これも解放してもらったのだと思います。
    龍泉さん桃源さん、昨日、忙しい中、時間をとっていただき有難うございました。
    タクシーまでお送りするころから、何かが削がれたというか、外れたような感じがありました。
    本当に有難うございました。

  3. さらさん

    思っていることは必ず現実化する、ことを理解するには良い体験だと思います。

    『一人になりたい』=制限
    思いが上がって、フォーカスすると理由づけが始まります。
    制限に対する理由づけはネガティブエネルギーを増幅しても進化の役には立ちません。
    むしろ、その思いから離れることが必要です。

    それと、高次元にネガティブエネルギーの解放を依頼することは進化にとって良いことだと思います。
    が、エネルギーを理解していない場合は気付きがないので翻弄されます。

    帰る前日、龍泉さんが大きなことが残っているが残したまま帰ることはないと思っていた矢先のことでした。
    浄化が大変でしたが取り敢えず良かったです。
    あとはワークと意識改革です。
    さらさんにとって大きな分岐点でした。
    ワークに入ったので出てきました。

    • 龍泉さんと桃源さんへ

      帰る前日でお疲れのところを、わざわざ来ていただき本当に有難うございました。

      今回、このネガティブな意識は本当に凄い制限でした。
      今も日々、それ以外の私の中の色々な制限が出てきます。
      自分でも面白いくらい無意識に制限を使ってました。
      とにかく、出てきたら流してフォーカスしないで行きます。
      今回のこの体験は私にとって本当に大きな分岐点になりました。

      次回のワークもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です